紫外線をケアしながら美肌になる秘訣

塗る日焼け止めが肌にあわない場合の処方術

 

30歳を過ぎてから混合肌・敏感肌・シミで悩んでいます。

 

特に頬と鼻周りのかさつきや毛穴が目立つ所が気になっています。

 

乾燥するのに鼻周囲はべたつき、すぐに化粧が浮いてしまいます。

 

あと元々、幼少の頃からそばかすがあるのですが年を重ねるごとにシミが出来てきています。

 

皮膚科の先生曰く、シミのできやすい肌だそうです。

 

(できやすいということは取れやすいということ)まずは、皮膚のかさつきをなくし、化粧ノリを良くしたいです。

 

元々、敏感肌で基礎化粧品の時点で合わないものが多く、自分に合う化粧品にたどり着くまで苦労しました。

 

日焼け止めの度数が高いと痒みやかぶれが出ていたので、度数の低いものしか塗れず日傘に手袋、マスクは必需品でした。

 

日焼けに負けない肌対策!

やっとたどり着いた化粧品が、オルビスです。

 

比較的安く、私の肌には合っているようで、痒みやかぶれはなく毎日使用しています。

 

もちろん、日焼け止めはSPF50を使っていますがかぶれもないです。

 

美白効果のある基礎化粧品(しっとりタイプ)を使用し、洗顔時の湯温は人肌の温度、夜は美白美容液を使用しています。

 

睡眠は子供がいるので22時には就寝し、6時起床です(日・祝も)。

 

食事は野菜・魚を多く取るように注意し、甘いものも大好きですが、家にいるとついつい食べてしまうのでなるべくお店が少ない所へ子供と散歩へ出かけたり、車は極力使わず、自転車行動しています。

 

子供が小さく、エアコンで乾燥するので加湿器もしくは洗濯物を室内干しして予防しています。

 

年を重ねるごとに肌のトラブルに悩むと思いますが、毎日無理なくできることをコツコツしていきたいと思います。

 

自身の生活スタイルの見直しも忘れずに!

 

日焼けに負けない肌対策!

25歳を超えて26歳の出産を機に急に顔や足や腕の角質が目立つようになり、少し前まではファンデーションのノリなど気にしたこともなかったのに急に気になるほど乾燥するようになりノリが悪くなりました。

 

シミなどもかなり目立つようになりました。

 

特に目の下の化粧ノリが悪く、ファンデーションを塗ってパウダーを重ねると肌のキメが隠せないくらい目立つようになりました。

 

腕や足なども日焼けを少しでもすると手荒れをした時のようにカサカサになり日焼け止めを塗っても、肌のキメが出てまだらに日に焼けてきてしまうようになりました。

 

ファンデーションのノリがまた昔みたいに良くなり、腕や足などももう少し潤いのある肌にしていけたらと思っています。

 

肌の対策として、体の中から変えていかないとと思い「グリーンスムージー」を毎朝飲むようにしました。

 

ご飯も便通改善のため半分玄米にして食べるようにしました。

 

運動は子供もいるのでジムなどには通えないので、できるだけ歩いたり子供と外で遊んだりして動く時間を増やしました。

 

化粧水などは色々ためしたりしましたが、コストパフォーマンスもよく肌の調子も良くなるため肌ラボの「極潤」をラインで使用し美容液を協和の「フラコラ」をつけ、とどめに「ヴァセリン」をつけて寝ています。

 

ボディークリームにはあまりベタベタせず、保湿効果が感じられる「ママ&キッズナチュラルクリーム」をお風呂上りに塗っています。

 

睡眠も12時までには寝るようにし、お風呂上りに毎日続けられる程度のストレッチをするようにしました。

 

日焼けに負けない肌対策!記事一覧

私は小学校の頃から乾燥肌でした。季節の変わり目や冬になるとすぐに乾燥して指先はひび割れをしたり、全身に丸く赤い肌荒れができてしまいます。とても痒く我慢できずにかいてしまうと傷になってしまい悪化することもありました。顔に関しては洗顔をすると必要以上に油分がとられてしまいお風呂上がりや洗顔後は肌がヒリヒリして赤くなってしまいます。酷い時は日焼けみたいに赤くなります。弱酸性の製品にかえてもダメでした。今...

もともと親がアトピー性皮膚炎だったのですが、わたしは、中学二年の14歳のときにアトピー性皮膚炎と診断されました。幸いおとなになり病院通いもなくなり、今は食事療法でなんとかやっているところです。ですけれども、汗のよくかく夏場は、あせもと、紫外線で、ひじ裏や、ひざ裏、また肌の弱い首から肩にかけて荒れやすく、またかき傷によって、ひりひり痛い状況です。日焼け止めも適当に買うのではなく、成分をみたりして選定...