女性の肌事情まとめ(体験談)

 

もともと親がアトピー性皮膚炎だったのですが、わたしは、中学二年の14歳のときにアトピー性皮膚炎と診断されました。

 

幸いおとなになり病院通いもなくなり、今は食事療法でなんとかやっているところです。

 

ですけれども、汗のよくかく夏場は、あせもと、紫外線で、ひじ裏や、ひざ裏、また肌の弱い首から肩にかけて荒れやすく、またかき傷によって、ひりひり痛い状況です。

 

日焼け止めも適当に買うのではなく、成分をみたりして選定していきたいです。

 

また、冬場は、乾燥肌に悩まされ、手足末端の冷え性に加え、足裏や、背中はよく汗をかくので、その汗でまた、暖房により、荒れたり、冷えたりします。

 

これからは、結婚して、出産もしたいと考えているので、冷えをまずはとるようにこころがけ、食改善を行って健康な肌環境にしたい思います。

 

 

 

子どものころからそばかすがありました。

 

外に出ることがおおいのに日焼け止めを塗るのを怠ったからかもしれません。

 

子供のころは鼻や頬に少しそばかすがありました。

 

大人になり鼻の上のそばかすは気にならたくなりましたが頬の上にあるそばかすが濃くなってきました。

 

30代になりそばかすではなくシミではないかとも思えてきました。

 

一番いいのはなくなることですが薄くなるかまたは新しいものができなければいいなと思っています。

 

コンシーラーをすると化粧も厚くなります。

 

ファンデーションで隠していても日に当たったり明るい所にいるとよく見えるのではないかと思います。

 

シミそばかすがこれ以上増えないこと、今あるものがこれ以上色が濃い区ならないことを願っています。

 

エステに通う時間とお金があれば行って改善できたらいいです。

 

日光アレルギー持ちの日焼け対策

 

肌トラブルの口コミ

私は昔から混合肌で、鼻のあたりは油っぽく、いちご鼻になりがちですが、口元は乾燥肌で、化粧をすると粉を吹いてしまいます。

 

粉がふくのがかなり目立ってしまったので、化粧水をしっとり用にして対応していたのですが、そうなるとどうしても鼻のあたりが改善されません。

 

かといって混合肌用だとどちらもイマイチになってしまい、化粧品で合うものがなかなか見つかりませんでした。

 

また、大学時代に急に発症したのですが、日光アレルギーをもっており、少しの紫外線でもすぐに赤く、痒くなってしまいます。

 

そのため冬場でもUVケアを優先し、さらに入念にしなければならず、余計に肌が荒れてしまって大変困っています。

 

将来的にシミにならないかも大変心配です。

 

まず日光アレルギーがあるため、UVケアを行うのが大前提なのですが、それらを毎日塗っているとかなり肌が乾燥してしまいます。

 

ただでさえ口元は乾燥しているのにそれだと、混合肌用の化粧水だと足りません。

 

そのためしっとり肌用のパックを口元だけに使用し、保湿をしたりしています。

 

また、油っぽい鼻あたりの部分はしっかりと洗顔をし、さらに鼻の角栓パックなどを使用したりしていますが、逆に鼻あたりは油が頑固で、なかなか取れません。

 

そこで角栓用の洗顔を使用しています。

 

時間はかかりますが徐々に薄まってきている気がします。

 

また、やはり生活リズムが重要で、夜更かしをした次の日は特に肌の調子が悪くなってしまいます。

 

早寝早起きを心がけ、化粧しなくて良い日はノーメイクで、肌をお休みする日をつくっています。

 

関連ページ

乾燥肌の紫外線ケア
ケア商品が限定されてしまう乾燥肌持ちでも行える紫外線ケア方法をまとめたページです。低刺激の対策をお求めの方は必見ですよ。